ダイの大冒険

ダイの大冒険についての私的意見

今回は1989年〜1996年に週刊少年ジャンプにて連載されていた「DRAGON QUEST-ダイの大冒険-」(原作・三条陸、作画・稲田浩司) について書いてみたいと思います。
この漫画は相当前の作品にも関わらず、未だにネットなどでも話題になる(こともある)作品で、私が読んできた漫画では一番好きな作品でもあります。
ジャンルとしては王道の冒険ファンタジーでしょうか。主人公である勇者ダイが仲間たちとともに大魔王バーン率いる魔王軍に立ち向かっていく、という話です。
タイトル見てもらえば分かると思いますが、背景にはあのドラクエの世界観が若干ありますが、ほぼオリジナルの世界といっても過言ではないでしょう。
作中に出てくる呪文(メラ、ギラ、イオナズン、ルーラなど)やストーリー序盤に出てくるモンスター(スライム、キメラ、ライオンヘッドなど)は、おもにDQ1〜3から引用されています。これは連載当時ファミコン版DQ4が発売したばかりでしたので。
そんな作品ですが、私がこの作品を評価している点は、キャラの成長度がはっきりと描写されているということです。
主人公であるダイの成長はもちろんのこと、相方の魔法使いポップが彼以上の成長を遂げるということです。
当初は魔軍司令ハドラーや魔王軍6団長の1人、獣王クロコダインとの戦いでは恐怖のあまり敵前逃亡が当たり前だったのが、最終的には大魔王に立ち向かっていくまでに。
それもニセ勇者一行の魔法使いまぞっほの「勇者とは勇気あるもの、そして真の勇気とは打算なきもの」発言以降、一気に成長した気がします。
ダイの父親である竜騎将バランとの対決ではメガンテで自決、結果ダイの記憶を取り戻し、ハドラー親衛騎団の1人、騎士シグマとの戦いでは、絶対不利(魔法無効の身体&魔法カウンター持ち)の相手にもかかわらず果敢に挑み、見事に勝利することもできました。
これを通じて、努力は必ず報われるということを学びましたからね。